TAKAYAMANIA EMPIRE 後楽園ホール大会観戦

 

「プロレス界の帝王」高山善廣選手の支援イベント「TAKAYAMANIA EMPIRE」2018年8月31日後楽園ホール大会を観戦!

2018年8月31日開催、高山善廣選手支援イベント「TAKAYAMANI EMPIRE」の全対戦カードです。個人的には2000年代の「武藤敬司全日本プロレス」が大好きだったので、非常に感慨深いメインイベント。カズハヤシ選手の怪我欠場は残念でしたが、それでもあの頃のジュニアヘビー級絶対王者「キングコング」近藤修司選手の参戦は嬉しいところ。鈴木みのると近藤修司の絡みなんて刺激的すぎる!帝王も羨む大会に...

大会名「TAKAYAMANIA ENPIRE」観衆:1,500人(超満員札め)第一試合時間差入場バトルロイヤル(9選手参加)○大谷晋二郎(13分35秒、オーバー・ザ・トップロープ)●ロッキー川村*退場順@井上雅央 A高木三四郎 BグルクンマスクC坂口征夫 DKAZMA SAKAMOTO&中澤マイケルE佐々木貴 Fロッキー川村第二試合30分1本勝負○杉浦貴&里村明衣子(9分56秒、片エビ固め)●佐藤...

「プロレス界の帝王」高山善廣選手の支援イベント「TAKAYAMANIA EMPIRE」2018年8月31日後楽園ホール大会を観戦しました。後楽園ホールの東側のリングサイド。 「東側 に 20」。前から3列目で、ここまでリングと近いのはプロレス観戦人生で初めての出来事。鈴木みのるの場外乱闘に巻き込まれるかw(゚ロ゚;wとおもいましたが、こちらには来ませんでした(苦笑)。諏訪魔とHARASHIMAの西...

「TAKAYAMANIA ENPIRE」後楽園ホール大会。試合前にあちらこちらをチェック↑後楽園ホール1Fに掲示のポスター。  ↑展示場のグッズ売り場に掲示してあった、過去の激闘の数々。やはりvsドン・フライ戦を見ますと、色々思いを巡らせてしまいますよね。

第一試合の時間差バトルロイヤル。9人参加の一番目に登場は DDT大社長・高木三四郎選手。初めて「FIRE!!」が出来て感無量。あのシャウト前の「タメ」って、あんな感じなんですね。そして、3番目に登場した フリーダムズの佐々木貴社長。こちらも「初めてバキューン!」が出来て感無量です(・∀・)b

第一試合の時間差バトルロイヤル。現在、バンコクでジムを経営している実は賢い中澤マイケル選手の入場。でも、入場シーンは変態極まりないですね(笑)。でも身体はさすがに切れていて、ただの変態にあらず(・∀・)b

第一試合の時間差バトルロイヤル。DDT所属の坂口征夫。  目の前で見ると、発散している殺気が凄まじい。DDTリングではもっと評価されるべきレスラーの一人だと思っています。今のポジションはもったいない。いつか柴田勝頼との絡みが見たいなと。絶対爆発しますよ。

第2試合目のタッグマッチ「杉浦貴&里村明衣子vs佐藤光留&橋本千紘」の一戦。里村明衣子選手の入場シーンを非常に楽しみにしていました。DDTの「KO-D無差別級」のベルトを持参するのかどうか。かっこよすぎでしょ、里村明衣子。ヘタなの男子レスラーよりも醸し出すオーラが凄まじい。もはや長与千種の匂いはコスチュームの赤以外は彼女の世界観。まさに女子プロレス界の横綱と言われるべき存在感。素晴らしい!

休憩明けに登場した前田日明。スクリーンで様々な選手から高山善廣選手への励ましのコメント。スタン・ハンセンから始まり、天龍源一郎、武藤敬司、小橋建太、安生洋二、宮戸優光、垣原賢人、山本喧一、丸藤正道、ヒデオ・イタミ。ゆかりある選手からも言葉の数々。その最後に高田延彦さんが登場。熱い言葉を投げかけた後、場内に流れたのは「キャプチュード」。高田延彦のあとに前田日明。二人の関係性を考えたら、まさかの流れ。...

TAKAYAMANIA ENPIRE・セミファイナル「石川修司&火野裕士&HARASHIMAvs諏訪魔&浜亮太&樋口和貞」の一戦。大きい男の中に、一回り小さい、けど存在感抜群のDDTのエース、エクストリーム王者HARASHIMA。彼の笑顔って、男から見ていても本当に爽やかで素晴らしい。2015年に新日本プロレスの棚橋弘至との「横一線」問題もありましたが、もっと評価されるべきレスラーの一人。実は結構...

TAKAYAMANIA ENPIRE・メインイベント「鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADAvs太陽ケア&TAKAみちのく&近藤修司」の一戦。鈴木みのると太陽ケアの戦い。2006年8月、改装前の大田区体育館メインイベント、三冠ヘビー級選手権試合「王者・小島聡vs挑戦者・太陽ケア」。19分余りの激闘ののちベルト奪取したケア。その数日後。札幌大会、vs鈴木みのるとの防衛戦。30分を超える熱闘ののち...

TAKAYAMANIA ENPIRE・メインイベント「鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADAvs太陽ケア&TAKAみちのく&近藤修司」の一戦。終盤、最後に決めたのがみのるのゴッチ式パイルドライバー。その向きに注目して頂きたいのだが、北側の斜め方向を向きながらの一撃。このみのるの視線の先にいたのが、佐々木健介と小橋建太。試合途中、放送席にTAKAみちのくを引きづり込んでみたものの、TAKAに羽交...

TAKAYAMANIA ENPIRE、最後は大団円。出場全選手揃っての記念撮影。と、個人的に永田裕志がその輪に加わっていたのにグッと来てしまいました。   敵対している鈴木みのるが最後を仕切る中、一緒の空間にいること自体がある種奇跡。こういった興行、そして何よりも高山善廣への思いはベビー・ヒール、軍団抗争抜きにしてみんな同じ思い。なんて素晴らしい空間に身を置けたんだろうと、この日「参加」して本当に...

便利メニュー